女性が飲む薬

避妊の為の薬といえばピルです。
ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれ、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの種類の女性ホルモンからなる錠剤のことです。
ピルを服用すれば、身体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たように排卵を抑制してくれるのです。
そして、妊娠している状態に近くなって排卵をしなくなることで、非常に高い避妊の効果を得る事ができます。

ピルは、1930年代半ばにアメリカのルッセルマーカー氏が、ノースキャロライナで採取した山芋に生理痛を和らげる物質が含まれていることを発見したことによって生まれたのです。
また、経口避妊薬として認可されたのは1960年で、当時は現在の低用量ピルとは違い、高容量のものを使用していたので、胃腸障害や静脈血栓閉栓症、発ガン性などのリスクがあるとされてたのです。
そして、1973年に初めて低用量タイプが開発され、静脈血栓閉栓症などの卵胞ホルモンによる副作用の症状も緩和されるようになったのです。
日本では、1957年に高用量タイプのものが発売され、低用量タイプが認可されたのは1999年です。
数年前までは、ピルを服用してる女性も多くはありませんでしたが、最近では多くの女性が服用して避妊を行ってします。
ですので、避妊を必要としている女性は病院でピルを処方してもらい、服用すると高い確率で避妊することができるのでオススメです。

オススメリンク

トリキュラーでちゃんとした避妊を心がけていきましょう!;ネット総合病院
排卵検査薬は一つは持っておきたいところですよね?;MyBaby
アイピルの販売はここで;あんしん通販薬局
性病の検査を受けるならこちらのサイトで性病検査について紹介されています。性病に気付いていないだけかも知れないので早期に受けるようにしましょう。

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし